和古

meikon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:沖縄( 10 )


2007年 07月 07日

ナハナハ

2007/0707
後ろ髪引かれつつ、那覇にパーチャック。
ソッコウ向かいました。TUKTUKさんへ。
しかーし!!
あれれん、変だぞ、電気が消えている。
ぬおー、臨時休業の文字が。
トホホです。
那覇の夜はTUKTUKさん頼みでした。(勝手な話でスミマセン)
タイパンツも・・・。ぐっすん。

まあ仕方ないっす。自力で食べ処探しの旅が始まりました。
何度も言いますが、国際通りはワタシラにとってのウキウキ通りではないのです。

結構歩きました。
いつもは温和君なキタガワ氏も腹が減るとおっかないので、決めましたお店。
まあ無難な感じ。お料理も意外と美味かった。
そしてベタに沖縄民謡ショーが始まった。
しかしこれが良かった良かった。
ワタシラのお隣若者グループは地元人らしく、合いの手やら指笛で場を盛り上げてくれた。
高学年までにリコーダーと同じで必修らしいよ、民謡。
すげーね、良い文化だよ。

最後にはみんなで踊ってました。
踊り方とかさっぱり分からなかったけど、熱かったね。
三線やるっきゃないね。(すぐに影響されます。)

そんなんで沖縄最後の夜は過ぎていったのです。
また終わっちゃった、旅。

明日でさよならだ。
[PR]

by meiko0701 | 2007-07-07 22:57 | 沖縄
2007年 07月 07日

さよなら久米島、那覇へ

2007/0707
マンゴー園から戻って
忘れられなかった島そばをまた食べて
クーラー故障中でお休みだったバードアイランドへ。
やすさんは残業?らしく、セツコさんがおもてなしをしてくれました。

マンゴージュース!!これこれ、待っておりました!!
濃厚、美味かった。
飲み物頼んだだけなのに、お刺身セット(島だこ、いか)、そしてやすさんモズクのサービス。
気風がいいねー、さすが江戸っ子。

そうこうしてるうちに飛行機時間が迫ってきてしまい。
お礼を言ってお店を出たところで、戻ってきましたやすさん。
あなたにあえて会えてよかった?
握手でお別れでした。
淋しいね、またね。

宿に戻りタダシさんのカメラ腕を褒めたたえ、ヨーコさんの運転で空港に向かいました。
ヨーコさんとはAとBから生まれたO型末っ子ってことで?何だか深い話も出来、
前世で会っていたのだろうとと勝手に思っております。
名残惜しいのですが、旅立ちます。(那覇まで30分なのだけどね)
またの夏お会いできるの楽しみにしてまする。
ありがとうございました。

複雑な気持ちで30分の飛行。
さよなら久米島。またねん。

e0104388_914566.jpg

ちゃんとお仕事しているいいお出汁
今まで食べたおそばで最強でした。
[PR]

by meiko0701 | 2007-07-07 22:34 | 沖縄
2007年 07月 07日

シマンチュウヌタカラ

2007/0707
あっ七夕さまだったのだね。

そうそう復路は飛行機に委ねました。
またフェリーかと思ったらオエツが襲ってきて。
飛行機ならまだまだ久米島にも居れるって事でさ。

マンゴー農園には去年も行きました。
すごいキャラのトヨネエが働いております。
今年は会えるかな?連絡もせずにまあ30分も歩けば着くでしょ。
と安易に山に出掛けて行ったのですが...。

あんなに説明してもらったのに、案の定激しく道に迷いました。
お互い末っ子、人任せ。
そしていつもワタシがブチキレル。
いつものパターン。ホント泣きそうだった。

もうどうにでもなれと思った時、前方から軽トラックが。
「すみませーん、道に迷いました」(いざとなると頑張るワタシ)
大きく手を振って、止めてみました、軽トラックのちいちゃなオジイを。

ちょっとびっくりしてたけど、
「乗ってけー」の声。
なんと有難いお言葉。本物の涙が出てきました。
そして荷台に乗って、山道を下りました。

「あそこだよ」
オジイは家とは逆方向の農園まで乗せてきてくれたのです。結構な距離だったよ。
「ありがとう、ありがと」
何度もお礼を言って、オジイの軽トラックを見送りました。
オジイは照れた笑顔で帰っていきました。
こーゆーのなんだよね、求めてるの。マリーンもいいけど、シマンチュウとのフレアイ。
ホント、島の人って心の底からあったかい。
シャイで控えめだけど、ゆとりっていうか余裕っていうか、デッカイもの持ってるのです。

そんな珍道中の末辿り着いたアップルマンゴーの味は格別でした。
マンゴー園のみんなにも優しくしてもらって。
よっぽどワタシラ東京砂漠にて愛に飢えてるのかな。胸キュンなひと時でした。

この夏の大事な1ページ
島人の宝、優しさだあね。

e0104388_11274549.jpg


ちょいと高台から
[PR]

by meiko0701 | 2007-07-07 20:37 | 沖縄
2007年 07月 06日

はての浜

2007/0706
久米島、台風大丈夫だったかしら?
心配でございます。


2日目はバードアイランドやすさん引率のはての浜ツアーでございます。
うっすら不穏な雲が流れていましたが、ピカリ青空を目指しいざ出発。
今年も白い浜、真っ青な海がお待ちになって下さいました。

早速オリオンビール飲んでシュノーケリング開始。
熱帯魚戯れる時間、ワタクシ人魚と化しました。
なんて。むつかしいのお、でも学習です。まあうっすら潜れるようになりましたけど。
(そしてお腹を壊しました。冷えってコワイね。オヨヨ。)

のんびり浜を満喫しながら、そして南海を吸収しながら時間が過ぎていきました。
これだけでも大満足なのだけど...、もひとつ気になって気になって仕方がない事が。
近いようで遠い?オーハ島
目の前に見えるのだけど、どうしましょ。行きたいなり。

無理を承知でやすさんに懇願したら、叶えて下さいました、オーハ島上陸。
干潮気味にて港までは行けず、島のおじい、おばあとは遭遇する事が出来ませんでしたが、
ウミガメ足跡もみ見れ、卵の在り処も知れました。
涙流して産んだのだね。
いやー感動。
今度は必ず、自力で渡ってみます。
そしておばあに島ダコ頂きます。

大興奮の中久米島に戻りました。
ありがとう!やすさん。
そしてまたよろしくです。


宿に戻ったらちゃんと熱射対策したのに、真っ赤になっておって、
イタイタ夜長は、タダシさんのありがたいお話で飲みました。
世の中のカラクリ、知らなきゃですね。
アン王女並のリアクションは通用しません。
次回、世界放浪記楽しみにしております。

明日はもう沖縄本島です。
サミシイナリ。

e0104388_1813498.jpge0104388_18454292.jpg

何度も行きたい はての浜
[PR]

by meiko0701 | 2007-07-06 21:15 | 沖縄
2007年 07月 05日

久米島な夜

2007/0705
港には去年もお世話になったネプチューンのマスコット、ヨーコさんのお出迎えがあった。
変わらずな優しい笑顔。落ち着きます。今回もお世話になります。

宿に着いたらもう6時近く。
日が長いのね。まだまだギラギラ太陽健在。
そしてハラヘリヘリにてよりどころレストラン竜へ。
すごい食欲っぷりです。

☆これははずせない、ソーミンチャンプル
☆ヘルスィー、ゴーヤと島豆腐のサラダ
☆沖縄の県魚、グルクン唐揚
☆豚足君です、テビチ煮
☆やっぱり久米島の太もずく

ホント激安で親方ぐらいの量が出てきます。
ウマイウマイ。何度も言うが薄味最高!!
オリオンビールもすすみます。(キタガワ氏はジョッキで久米島飲んでた、おっかねーなあ)

大満足で宿までの坂をテクテク。
しかし蒸すなあ。
海風があるからまだいいけどさ。

やっぱり疲れたのであろう、ヨーコさんとの夜話も早めの終了。
(アガリノオウ?=オーハ島がかなり気になりながらも)
明日ははての浜だ。
シュノーケリング気合です。

e0104388_18201171.jpge0104388_18203633.jpg
[PR]

by meiko0701 | 2007-07-05 22:55 | 沖縄
2007年 07月 05日

またもやの久米島

2007/0705
行ってまいりました。夏の沖縄、久米島。
すごかったのです。ワタクシメ33才の夏は早くも終了となりました。

しかしまあ今回の旅は強攻でございました。
先にも述べましたように、バースディ割廃止のための極貧旅。
人生、経験といいますが、30すぎてのフェリーはきつかった。
そんなんでゆっくり回顧していきます。


6時55分発の飛行機に乗るため、昭島4時出発。
とはいえ夏は良い。明るかったあ。
タマ堤通りを南下南下。ウツくん家かすめ途中馬が横切った。マジですか?

まあ早朝は不思議な事もあるもんだ、フムフム言いながら、また南下南下。
無事着きました、羽田空港。
 僕らが旅に出る理由 それはそこに沖縄があるからだ。

ウダウダしてたらもう那覇に到着です。
真っ青でした。真っ盛りでした。
夏でございましゅ。
ムヒョー。一気にテンション上がりました。
しかしあちーあちー何℃あるのだろう?オデブハアセダクの巻。

ってーことでフェリー時間まで那覇散策をする事に。
よなはらみよさんガラス目的なだけで、壺屋やちむん通りへ。
でもお目当ての作品たちは無かったのであります。
やっぱり読谷工房に行かなきゃなのだね。

テクテク歩いてフェリーに乗るため泊港へ移動。
これから飛行機より長い旅が始まるのです。
どうか揺れません様に...。

ヌオーなめておりました。どっこいの激しい揺れでした。
島人のまねをして雑魚寝で毛布かぶって寝てたのに、やっぱり耐え切れなかった。
三半規管弱すぎます。ワタクシ。

でもでも吐いたらすっきりして、無事久米島に到着!!
いやー海上100キロの道のりは長かった。
去年は直行便。
今年は何時間かかったことか。これもまた修行です。


あれほど恋焦がれた久米島にまた来れたのです。感無量。
ってことで久米島奇行?録はまた後ほど。
 
e0104388_2204260.jpg


那覇で見つけたかわゆいスナック。
やつぱりニューカメラ欲しいなり。
[PR]

by meiko0701 | 2007-07-05 21:02 | 沖縄
2007年 01月 30日

さよなら沖縄

2007/0130
e0104388_18312175.jpg沖縄旅も最終日となりました。
しかもお昼の便なのでちょっとしか動けませんのです。

早起きして近くのスーパーをフラフラ。
スーパーならではの日用品をお買い求め。
首里味噌、島マース(塩)、さんぴん茶などなど。
楽しいです。みんなヤル気ないし。

そして後ろ髪を引かれつつ早めに那覇空港へ向かいました。
空港でもちょいとお買い物。
さすが那覇空港買い物場は大きいのね。(石垣空港は淋しかった。)
うるま(沖縄タバコ)買ったり、コンビニでお昼購入したりで。
あれ美味かった、ジューシーおにぎり。
ちょっと甘めで油っこい炊き込みご飯おにぎり。
また食べよ。
キタガワ氏購入のタコス巻も美味。
酢飯がよい感じで。

やっぱり最後まで食べておりました。
こちら様の薄味っぷりはやはり魅力。移住も何の抵抗もございません。
野菜大量摂取もワタクシ向き。
願わば叶わん。

最後の最後に激しく晴天。
眩しい空にまたの訪れを固く誓ったのであります。
毎回の心の洗濯ありがたや。

上写真:嘉手納基地近しの道の駅サンドウィッチ。
     デカもり。今度こそAサイン店行きまする。

そして追伸:
初本島上陸で衝撃も多々有でした。
基地の島という現実。
これほどまでに生活と危険が隣りあわせだとは。
基地との共存、避けられない運命。
そんな中でも沖縄の人はみんな優しく朗らかなのです。
人々の強さ、人間らしさに羨望し、平和を祈るのみでした。
[PR]

by meiko0701 | 2007-01-30 18:04 | 沖縄
2007年 01月 29日

たんかんさんから那覇な夜

2007/0129
沖縄旅3日目。
特に予定を立てずのんびりって思っておったのに、やはり振り回される土産探し。
でもでもちゃんと調べておいたのさ、この時期はこれだね たんかん!!
親らにはこれ送って終了。
自分らにもちょっとだけ買いました。
もっと買っておけば良かったわい。
(ウマイウマイ)
本部半島グルグルまわり、道の駅を見つけてはあれやこれや土地のモノを購入。
婦人部とかいう文字には弱い。しかも原料見ると変なもの使ってないし。ムフ。

やんばる君に別れを告げ、58号線を南下南下。
今夜のお宿は那覇市内という事で、まあ興味はないが街に繰り出してみた。
公設市場の熱気つうか立ち込めるニオイは韓国だったね。
昨日食した今帰仁アグー様も格違いで売っておりました。
アグーは美味かった。あの弾力、脂身の強さを忘れる事はないであろう。
おブタ様万歳。

しかし皆様お好きな国際通りとやらはあたいらにとっての痛快ウキウキ通りではなかったのあります。
やっぱり北が好き。
あの田舎道が好きなのだ。
苦しいな、都会。
しかーしひとつだけお気になるお店があり、伺いました。TUKTUKさん。
タイ・オリジナル雑貨のお店です。
外観もかわいらしい一軒家でしたが、店主さんも素敵な方でした。
いろんなお話聞けて良かったなり。
しかも森岡さんのお友達とは。
すごい繋がりっぷり。どんどん熱くなってしまい...ますますの移住欲が上昇し。
いやいい夜だ。
タイパンツも2着購入。
夏を待てない。

宿はおっかないくらいの不思議空間でしたが、沖縄との別れを惜しみつつのバクスイでした。

明日は最終日。さみしいぞ。
[PR]

by meiko0701 | 2007-01-29 15:39 | 沖縄
2007年 01月 28日

やんばる

2007/0128
本日旅2日目。
早起きしてガンガン北上。
景色が山がちになってきたぞ。ムヒョヒョ。
目指すは国頭村(くにがみそん)ツーリズム協会、比地大滝やんばるトレッキングです。

5日前まで予約って書いてあるのに、前日の無理やり参加に加え、
歩きやすい靴って言われてるのにビルケンサンダル。
ナメテオリマス。

e0104388_1911415.jpg岡山からのセレブ母子とうちらとガイドさん(踊れるオデブ?)5人で出発。
イリオモテのジャングルとはまた違うなー。(チョー川口浩だった)
やんばるの方がかなり日本の山っぽい。
って思っていたら、やっぱり南国でした。
植物はでっかいし、生物はガラガラしてるし。
ミドリモシャモシャ大好きよ。

ガイドさん(アイス箱で食っちゃいそうな)にいっぱいいっぱい説明してもらい、
やーいつり橋渡れーを恐る恐る渡り、
途中休憩では、葉っぱのニオイで疲れを吹き飛ばし(そんな成分配合)到着!!本島一の大瀑布比地大滝。



e0104388_19123862.jpg帰りもいろんな森勉強満載でした。
ただ歩くよりやっぱりいいよ、こーゆーの。
ガイドさん(チャンクって名前っぽい)は子供の頃からこの森で遊んでいたらしい。
(滝つぼに高ーい所から飛び込むのだと)

結局、やんばるくいな君の登場はなかったけど、(イリオモテヤマネコ君同様)
久しぶりにCWニコルな楽しいトレッキングでした。

上写真:シリケンイモリ 尻尾が剣ぽいかららしい。お腹が毒な色。
下写真:この時期に珍しいナナホシキンカメムシ。メタリックス。

全然関係ないけど、スパンクやってるんだね。ナツカシ。
[PR]

by meiko0701 | 2007-01-28 18:22 | 沖縄
2007年 01月 27日

沖縄にお呼ばれ

2007/0127
またかと思う方も多かろう。
そうまたまた沖縄に行ってまいりました。今度はお初の本島。ナメテマシタ。ステキデシタ。
6時15分発の飛行機を予約にて3時起き。意味が分かりません。
でも9時過ぎには那覇空港に到着。お陰様で1日目からガンガン動けました。

旅一番の目的はやちむんと呼ばれる琉球陶器。(ずっとやむちんだと思ってた)
レンタカーラパン君で58号線を北上。
基地やアメリカンなお店を横目に、中部にある読谷村のやちむんの里に到着です。
もとは那覇市内壺屋地区にあった工房が読谷村に大移動で出来たらしい。

ぬおー!!お求めの藍な陶器が大量。
あれもこれも欲しい欲しい。
しかもお手ごろお値段。
こりゃ大量仕入れですね。
e0104388_17243915.jpg
その後、やっぱりすんごい気になっていたガラス作家さん よなはらみよさんの工房 日月へ。
電話すりゃいいのに小心者にて農協で道を聞くことにした。
とってもとっても優しいのよ。みんな。
仕事そっちのけで細かく教えてくれる。
いいね、その余裕。

お陰さまで辿り着きました。素敵工房日月。
バスの家もちゃんとありました。すげー。
みよさんもとってもかわいらしいお人で、そしてガラス器もかなりいい。
あー買い占めたい。

そんな衝動を抑えて(キタガワ氏をちら見)選んで選んで3点購入。
ムヒョヒョ。こちらで泡盛頂きます。
突然の訪問すみませんでした。また伺います。

この日はこんなもんで疲れ果てました。
今夜の宿は恩納海岸。
宿近くの沖縄料理屋で宴開始。
しかも今日は民謡ショーな日。
キタガワ氏はチビッコと踊り始めた。
パートナーの新たな一面も知れ良い日でした。

明日は麗しのやんばる体験。気合入れよ。

写真はやちむんの里登り窯
[PR]

by meiko0701 | 2007-01-27 19:23 | 沖縄